さくらの丘の透析

DIALYSIS

透析について

患者様に安心して透析治療を受けていただけるよう「質の高い透析治療の提供」と「患者様の生活の質の向上」を念頭において日々治療を行っております。
当院では、慢性腎臓病の予防や生活の質の改善などを目的として、リハビリテーションチームと連携して透析中に運動を行う「腎臓リハビリテーション」を行っており、様々な理由により運動不足になりがちな患者様に喜ばれております。そして、医師・看護師・臨床工学技士・管理栄養士が患者様の状態にあった透析治療を行えるよう充分な話し合いを重ね治療方針を決定していますので、安心して治療に専念していただける環境づくりを調えて努めております。

対応曜日・時間

午前8:15~
午後13:30~

※上記の時間帯であれば臨時透析も承っております。

設備概要

ベッド数 20床
透析装置 20台
テレビ 19台
体重計 車イス対応
更衣室 ロッカー完備
透析室写真

腎臓リハビリテーション

透析をされている患者様は長時間人工透析を行っていると身体的・精神的な影響が出やすくなる場合があります。
当院では、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の向上、循環機能の安定化を主な目的として『腎臓リハビリテーション』を当クリニック所属の理学療法士と介護老人保健施設 駅家リハビリテーションSAKURA所属のインストラクター(疾病予防運動施設アクティブスペースビビッド)と連携して行っております。
専門家指導の下、透析中にリハビリを行うことで、血圧の変動を防ぎ筋力・体力の維持が期待できます。

運動療法による期待される効果
  • 透析効率の向上
  • 心臓副交感神経系の活性化
  • 自律神経機能の改善
  • 日常生活動作の向上(ADL)
  • 生活の質の向上(QOL)
  • 貧血の改善
  • 栄養低下の改善
腎臓リハビリメニュー調整
1.患者様の体調を診ながら本日行う運動メニューの調整をします。
腎臓リハビリ準備運動
2.まずは、準備運動として全体でストレッチを行います。
腎臓リハビリ運動01
3.下肢エルゴメーターを使用し、下半身の筋力向上を目指します。
腎臓リハビリ運動02
4.体力的に余裕がない方は、ストレッチボールを利用した運動を行います。

送迎について

より良い透析を続けていただくために

透析治療を受けられる患者様の負担を少しでも軽減できるように、通院しやすい環境を整えております。足腰が悪い方や車イスの方でも安心して乗っていただける送迎車をご用意して、透析を受けられる方の送迎サポートを行っております。
ご自宅から当院まで送迎専門スタッフが介添えいたしますので、安全にご送迎させていただいております。なお、距離に応じて別途送迎料金が掛かります。
詳しくは一度ご相談ください。また、送迎範囲につきましてもご相談ください。

送迎車の写真